Wifi通信速度の通信関連

Wifiを使用していると突然通信速度が遅くなってしまい、動画が見られなくなってしまったりすることがあります。

そうした原因で考えられるのが、ルーターとの距離がある、又は、ルーターとの間に障害物があることです。こうしたちょっとしたことでWifiの通信速度が遅くなることは、通信関連では当たり前のことと考えられていますが、一般人の間ではこの通信関連情報はそれほど知られていないのでどうしてこのようなことが起こるのか全くわからないと行った方も多いのです。

Wifiの通信速度を落とさずに使用するためには、障害物を取り除くこと、もしくはルーターの近くで端末を利用するとすぐに解決します。ドアを閉めたりするだけでもそれが障害物になることがあることはあまり良く知られていません。また、コンクリートや鉄というのは性質上電波を遮ることが多いので障害物になりやすいと考えられています。屋内で通信速度が遅いなと感じる場合には、ルーターに近づいたり、閉めてていたドアを開けてみると改善することが多いです。

さらに、ルーターに繋がっている回線が多すぎると即尾が落ちてしまうことがあります。ルーターにつなぐことが出来る回線の数というのは上限が決まっています。上限いっぱいつなげてしまうと今度は回線が遅くなってしまうことがあることから、つなぎすぎている時には回線の数を減らしてみることをおすすめします。そうすることで通信関連の速度は改善します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *