通信関連のWifiの速度トラブル

Wifiは通信関連で無線の電波を利用して、インターネットに接続出来る便利さがあります。

これによりパソコンやスマホやプリンターなどの、LANケーブルがなければインターネットに接続できない問題が解消されます。以前はメーカーが違うと駄目であった点も、規格が統一された事により異なるメーカーでも接続出来るようになっています。通信関連での現在のWifi便利になっていますが、様々な要因で速度が遅くなるトラブルが発生することがあります。全般的なトラブルとして、速度が遅くなる原因は色々なものがあります。

接続している端末が多い場合は、ルーターなどの接続が可能な台数がオーバーしている点が要因となり回線が混雑して速度が遅くなります。電子レンジやコードレス電話機等によるものは、Wifiの周波数が5GHz帯2.4GHz帯の2.4GHz帯の場合発生することが多いとされます。

それ以外の通信関連のWi-fiのトラブルでは、夏場ではルーターが暑さで熱暴走して、遅くなってしまうので暴走したらルーターを再起動して対処します。PCのみがおかしいと言ったものならば、PCのOSやセキュリティソフトのファイアウォールが影響している可能性があります。この場合は一時的に解除して、使用しているルーターを登録させることで解消する事になります。昼間は早いのによるになると遅くなる場合は、接続方式を見直しで改善されます。具体的には、回線の接続方式をIPv4PPPoEからIPv6IPoEに切り替える事になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *