Wifi通信関連は速度の規制に気をつけましょう

Wifiでインターネットを契約する際には料金面はもちろん、通信関連での回線の速度面も気になる方もいらっしゃるでしょう。

各携帯会社のキャリアでWifi通信を提供していますが、モバイルWifiでも速度を快適に利用する事ができます。各社の速度を比較してみるとまず「WIMAX」では最新機種では下り最大で758Mbpsとなり、それなりに高い数値を出す事を可能としています。そして、ソフトバンクやワイモバイルの機種では下り最大で612Mbpsとなっていますので、WIMAXと比較すると遅くなっている事が特徴です。

その他ドコモの最新機種での最大を見てみると、788Mbpsとなっており全キャリアで最大の数値を記録しています。これらの数値はあくまで最大値ですので、通常ではここまでの通信量を利用する事は少ないです。実際の使用感で言えばそれほど早さに違いを感じる事は少ないとされています。速度面で注意すべきポイントでは、それぞれの企業で設定されている通信関連のデータ規制の部分です。契約しているプランによってはWifiの使用量に応じた速度規制が行われます。

プランによって使用できる通信量は異なりますが、主に7ギガを平均としてキャリアでの大容量プランでは30~50ギガの料金プランも存在します。この設定されている容量を超えると、極端にネットなどの通信関連が遅くなってしまいます。自分が使用する想定のギガ数をシミュレーションして、どのような料金プランが最適なのかを確認する事が大事になってくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *