通信関連でWifiの速度を早くする方法があります

現代社会では通信関連の環境が非常に整ってきております。

オフィスでも公共施設でも家庭でも、Wifiが設備されてるところが目立って増えてきました。今の時代では必須のツールになっているといってもいいでしょう。ただそのWifiの速度が遅く感じられることも少なくありません。そんなときは、速度を上げるための簡単な方法が幾つかあるのです。

まずは据え置き型のルーターの場合は、設置場所を変えることで電波の強度が相当に変わってきます。床の上や水槽の近くにルーターを置いてはいけないのです。地上1.5~2mの高さの位置に設置することが望ましいとされています。

無線通信関連のツールは非常に微妙な部分がありますので、置く場所によって速度が変わってくることはまれではありません。また、ほかの電子機器の近くにルーターを置くと、Wifi信号の干渉を引き起こし、信号の強度が落ちてしまう恐れがあります。とりわけテレビや電子レンジの近くでは、この問題が発生しやすい傾向が見られます。さらに部屋の隅に置くのも効率がよくありません。Wifiのシグナルは全方位360度にわたって飛んでいきます。中でもコンクリートの壁の角部分は電波が通りにくい場所ですので、避けるのが賢明です。有線と違って、無線通信関連の機械というのは公式どおりには行かない特性があります。それだけに、試行錯誤を繰り返しながら最も適切な設置場所を探すことが重要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *